2017年01月12日

子供の脳を育てるI

育児における夫婦の子育ての役割については、
何度もこちらでもお話ししました。
子どもの脳を育てるには、
父母が両輪で必要であることは科学的に証明されています。

また、両親の夫婦仲が良いお子様は成績が伸びやすいことは、
20年以上、塾講師をしていて日々感じています。

一体、なぜなのでしょう。

それを説明するのが「お父さん効果(The Father Effect)です。
これは、父親が育児に協力的であると、
子どものIQのみならずEQが高くなる、
というイギリス国立児童発達研究所の研究結果をもとにして
それを「お父さん効果」と呼んでいるのです。

1歳半から2歳半の時期に継続して父親が育児参加すると、
そうでない親子に比べ、
子どもの2歳半の時点での社会適応力が1.8倍高いことが判明しました。
幼児期の社会的適応力とは、
人見知りしない、
よく笑う、
癇癪をおこさない、
他の子どもと打ち解けやすい、
会話に対する反応が速い、
新しい遊びへの挑戦ができる、などです。

また「母親の育児負担感が小さい」と感じている親子や、
「育児の相談相手がいる」
と答えた親子の場合も、
子どもの社会適応力が同じように高くなりました。
児童期の子どもの調査では、
「自分は生きていてもしかたがないと思う
」と答えた子どもの割合が、
「パパが子育てしてくれない」家で、
約19%もいました。
一方、「パパが子育てしてくれる」家では、
6.8%だったことが分かっています。

こんな、子育てにパパが大切!という講演会が
2月19日(日)
三宅町で行われます!

脳科学者溝口先生や
つるの剛士さんもいらっしゃいます!
私も夫婦の危機管理について
お話させていただきます。

ぜひ2月19日は三宅町へ!


 〜「夫婦関係(パートナーシップ)は意識して構築する(デザインする)もの」〜
パートナーシップデザインオフィス代表 坪井美佐 
 HP:「夫婦ラブラブなら人生は10倍楽しい!」
posted by misa at 20:24| Comment(0) | 脳育プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: