2017年03月13日

起業女子をブームにしないで

「私らしく働く」…なんじゃそれ?
いやいや。女性の起業を否定してるわけじゃなく。

最近の起業女子ブームに
なんだか、ちょっと違和感があるだけ。
1億総活躍社会…とか…
女性活躍社会…とか…
政府主導のキャッチフレーズに
踊らされてなきゃいいけどな、と思う。

好きなことで、飛び出す。というのは分かる。
停滞している現状に不満があって、
そこから一歩を踏み出すときに
「好き」を味方につけるのは
絶対に理にかなっている。

特に女性の「好き」の原動力は大きい。

でも、いったん起業して社長になるなら
それがどんなに規模が小さくても
もうそれは
好きなだけじゃ許されないし
わたしらしくないからこれはやりたくない、
って、少なくとも私の中にはなかったな。

好きと得意を武器に、
それを求められ、お客様が現れて、
契約が交わされ、お金が行き来するのが商売。

いくらそれが私らしくなくても、
求められて、それが必要とされたなら
それをすることで対価を得る。

無茶をすることを奨励しているのではない。
無理をして稼げと言いたいのでもない。

でも、23年前に塾を創業した時から
今まで一度も
私らしく働く、なんて意識していなかったなと思っただけ。
夜の12時近くまで生徒が帰らない時も、
生徒の結果が出なくて悩んで10円ハゲができたときも。

あれは私らしかったんだろうか(笑)

翻訳のお仕事で、
毎日、病気の論文を読みながら
吐きそうになったり、
論文の中で知らない外国の子どもが亡くなって、
どうしようもなく悲しくなって
進まない時だって。

嫌いだから
私らしくないから
翻訳しない、なんてことはなかった。

英語が好き。
教えることが好き。
好きは変わらない。
でも、私らしかろうが私らしくなかろうが、
やると決めて、やってくださいとお願いされて
そこで契約を交わして金銭の授受がある限り
私は自分にしかできない仕事を
責任とプライドをもってやってきた。
それが仕事なのだと思う。

女性の「なにかしたい!」という気持ちを
起業女子という響きの良さ?
なんだろ、カッコ良さ?(カッコいいかな?)
時代のノリ?みたいなものに
搾取されないでほしいと強く思う。

好きはしっかりと手放さず
でも、踊らされず、流されず、
しっかりお金を稼ぐのが
起業女子であってほしいなと思うのです。

辛口かな・・・(;´・ω・)
自戒も含めて。。。

13051676_954559357990185_2193384629707495300_n.jpg



posted by misa at 11:41| Comment(0) | 日記

2017年02月22日

つるの剛士さんも納得してくれました!

つるのさんも来られる三宅町の街フェスで
「家庭危機管理」の講座を依頼されました。

IMG_8913.JPG

家庭の危機は、やっぱり夫婦の不和!
そこでやっぱり「円満夫婦塾」ですよ(●^o^●)

16830983_718276088333067_4759131113352159131_n.jpg

30分の講演後、
たくさんの方から
「短すぎです。もっと聴きたかった!」
「SKIPを実践します」
「先生の幸せオーラが舞台からすごく伝わった」
と声をかけていただきました(●´ω`●)

その後、澤口先生が登壇。
脳科学的に父親の育児を解説。

それが、普段から私が言ってることと超一緒(笑)
もちろん、その日に私が講演した内容とも一緒!

そして、つるの剛士さんも登場。
ベストファザー賞のつるのさんも、
「イクメンという言葉が独り歩きをして
悪い影響を及ぼす心配してます」と。
「自分がしてるのは子育てよりも
大事な奥さんをケアすること」

そう!その通りですよ!!!
もう全く私が言ったこと、言ってることと同じで
そうそうーーーーー!!!
やっぱりそうですよねーーー!と(∩´∀`)∩

いろんな方から
「内容をすり合わせてはったんですか?」と。

いえいえ。楽屋も違いましたし、
お話できたのは講演の後でしたから。

その後、つるのさんと
キャンプは家族育てには最適とか、
イクメンという単語が隠れイクメンを作り
みんなを疲弊させること
そして、
夫婦ラブラブが人生を10倍輝かせることを
語りました!
「それ、めっちゃいいじゃないですか!
どんどん言っていきましょうよ!」
と言っていただき記念撮影(●^o^●)

テレビで観たままの素敵なつるのさんでした!

澤口先生ももちろん素敵でしたよ。
ご自身もおっしゃってましたが
先生、滑舌が…(笑)

参加した人に
「澤口先生のお話より、坪井センセのほうが
分かりやすかったですー」と
恐れ多いことを言っていただき、感謝。
早口には気を付けないといけないなーと
思いましたよ。

三宅町は奈良県で一番小さな町。
日本でも3番目に小さいとか。

33歳の若い町長さんは
人のご縁から私をご存知で
声をかけていただきありがたいなぁと思っています。

こんな立派な450人収容のホールも!

16806909_718276084999734_6977901231085900520_n.jpg

お弁当も豪華で、
VIPな対応にも感謝です(⋈◍>◡<◍)。✧♡

IMG_8915.JPG
IMG_8916.JPG

ゴマ団子、かじってしまった後ですが(笑)

そして、私の講演のために
寒い中、朝早くから来てくださっていた
ラブラ部員の皆様やお友達。

感謝しかありません。
私ができるご恩返しはなんなんだろうと
考えています。
絶対にお返しします!!!

そして、私に付き合ってくれる旦那様。
いつもいつも一番の応援団!
ありがたいなぁ。
守られてるなぁ。

今日の家庭の危機管理の一番は
「ありがとう」と伝えることでした。
ホントに心からそう思います。

ありがとう=有ること難し。
当たり前と思わずに感謝を伝えていくことが
一番の家庭危機管理だと確信しています。

posted by misa at 07:34| Comment(0) | 日記

2017年02月16日

私はまだまだやなぁと気付かされた事件

今日は愚痴です(笑)

先日、すっごく驚いたことがありました。

打ち合わせのためにカフェに入り、早めに一人ランチを楽しもうと、ワクワクと席に。
でもそこは喫煙席で、後ろの方が吸われていたので、
一番奥の隅っこの柱の陰のひとり席に座りました。

パソコン出して、さあと思っていると、
お隣の方はなにやらネットワークビジネスのお話をされてます。

そっかー。なんだか静かな方たちで、
だから、ママ友ランチのようなきゃぴっと感がなかったのね、
と思って聞くとはなしに耳に入る単語を聞いていると。。。

「3月3日にさぁ…」
うんうん。みさの日よね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

「…奈良ホテルのお茶会…」
むむっΣ(・ω・ノ)ノ! 
私もするわよ。

「…みささんに…」
わたし???\(◎o◎)/!

そうです。私に一緒にネットワークビジネスを勧めようよ、と
誘っているのです、私の大事なラブラ部の部員にΣ(゚Д゚)

なぬーーーーーー( `ー´)ノ

いやはや、動揺しました。
こんな偶然ある??
でも、あったΣ(・ω・ノ)ノ!

すぐに、勧められているラブラ部の部員にメッセ
「大丈夫?今、横にいる」
彼女からは少しして
「大丈夫」と。

驚きの次に来たのは、怒り。
ビジネスを勧めている方に?
いいえ、もちろん自分に、です。

私は、ネットワークビジネスの話を持ちかけられる人なんやな、と。
まだ、私はたいしたことないなぁ、と。
情けなくなったのです。

若い頃はね、リクルートでバリバリ売れっ子の営業マンでしたから(笑)
引く手あまたでしたよ、そりゃ。
君の営業力をもってすれば、
月収〇〇万も夢じゃないよ、と
営業先の方に逆ナンパされてましたよ(笑)
グラッと揺れたことだって(笑)

でも、この年になって、
1000人の前でお話をする立場にあって、
ましてや教育委員で、
私がちらっと「いいよ」と言った食品を
買ったよ、買いました~(*´▽`*)って
ドカ売れしたことがあって、
これはあかん、こういうことは言ってはならない、と
肝に銘じているこの頃、
ネットワークビジネスですか・・・(´;ω;`)

たとえば、オバマ前大統領に、
だれがネットワークビジネスを勧めるだろう。
私の憧れの人、佐藤初女さんにだれが…
私の尊敬するマザー・テレサに、
イマキュレー・イリバギザに
だれがネットワークビジネスを…(もうしつこいって?(笑)

尊敬している人が大きすぎますけどね、
そこは置いといても。

私はまだまだちっぽけで、
売れそうよ、儲かりそうよっていう話に
乗っかるとでも思われたのでしょうね。

そして、ガンガン売ってくるイメージを
持たれてるんでしょうね(´Д`)

ああ、情けないーーーーー(/_;)

ネットワークビジネスを一生懸命されてる方がいらしたら、
ごめんなさい。
一生懸命されていることを否定するつもりはありません。
真面目に良い物をいいよと発信されている方も
いらっしゃるでしょう。
彼女も悪気はなかったはずです。

ただ、私の大事な日に、大事な人が集まる
ドキドキしながらの初の自主開催のお茶会で、
しかも、大好きな奈良ホテルのティーラウンジで、
あなたのビジネスの話をしようとするなんて。

どうぞ、あなたが「こんなビジネスの話をするよ」と言って集めた
あなたの友人に、
あなたのビジネスを展開してください。
そうお伝えしました。

そうなの。私なんかが声掛けたって、
誰も集まってくれないわよね、お茶会なんて。
そう思って、今までやったことのないお茶会。

そんななか、彼女は一番に「いきま―――す!」と
お返事を下さったのです。
私のことを「大好き♡」と言ってくださってたの。

でも、そうか・・・って。

「夫婦ラブラブっていいよね。
ラブラブは、きっと、世界を救うよね」
そう思ってくれてる方なら
だれでも入部できる部活動として
「夫婦ラブラ部」運営してきました。

入会規制も規約もなしで、
性善説的にやってきました。

でも、彼女のお蔭で、
部と部員を守るべく
しっかりとした規約を作ることにしました。

そういう気付きを得るタイミングだったのですね。

人生に悪いことなんてひとつもないなぁ。
気付いて、訂正する。
それの繰り返しだなぁ、と
自分を情けなく思いつつ、
善処前進することを心に誓ったのでした。


はーーー。描いていただいた絵を見て、
落ち着こう~
FullSizeRender (3).jpg











posted by misa at 12:14| Comment(0) | 日記